2008年08月29日

2008 SUPER AMERICAN SUNDAY

Img_5018
8月24日ツインリンクもてぎで開催された「2008 SUPER AMERICAN SUNDAY」では、SHOOT OUTと同様にDRAG RACEが行われました。
ここのところ、雨が多く、イベントの度に中止という災難に見舞われ続けていましたが、この日もかなり天気は不安定。
天気予報でも、降水確率50〜60%とまたしても危うい感じで、朝8時30分のドライバーズミーティングの時点では、あと1時間ほど様子を見ましょうとのこと。
しかし、ぱらついていた雨はすっかり上がり、後は路面が乾くのを待つだけとなりました。
空は、一向に厚い雲に覆われたままですが、コレで雨さえ降らなければ何とか走ることが出来そうです。
とにかく、出走に備えオイル交換(なぜかレース場で、、、)を始めますが、大の大人が3人がかりでも、なかなかフィルターが外れません。
私はアテにならない工具しか持って来てなかったため、皆さんTシャツがデロデロになりながら1時間以上もクルマの下に潜って頂き、そのうち他のチームの方々にもさんざんご迷惑をおかけしちゃいました。(DNAさん、BEAMSさん本当にありがとうございます!)
結局、JYESONさんの素晴らしい工具をお借りして、やっと外してもらうことが出来ました。
手伝ってくれた皆様。本当にありがとう。
そうこうしているうちに、路面コンディションも整いいよいよ出走です。
Img_5086
今回は4本ともタイヤを新調しているので、前回のように振られる心配は全くなく、後は私の根性さえあれば思いっきり踏んでいけます。
1本目。思い切りバーンナウトして、タイヤのせいかタイヤも良く食いついている感じがします。
なんのストレスもなく、思いっきりスタート!
ああ。クルマってホントはこんなに真っ直ぐ走るんですね〜。
さて気を良くして順番を待っていると、SUPAR SHOTの佐藤師匠から、「トランスブレーキ使えよ!!」との指令が。
「え〜〜〜。こんなにギャラリーがいるのに????イヤですよ〜。
仙台のスポーツ走行でこっそり練習してからにしましょうよ〜」と、だだをこねるも、「いいから行け!」と鶴の一声。
抵抗できるはずもなく、もうこうなったらやけくそ!!!!!とにかく、ステージランプが双方揃って、イエローのランプが落ちてきた瞬間にトランスブレーキのスイッチをONにしてアクセル全開。
グリーンランプが付く瞬間にトランスブレーキのスイッチを放し、ロケットダッシュ〜〜。

あっ!フロント浮いた???

67ws
自分では十分離陸体感あったんですけど〜〜〜。
そのまま、一気に2速3速とゴールした辺りではもう高揚しきっていました!
やってみたら簡単じゃん〜。
そんなこんなで、見事クイック8に残り1戦目の対戦相手がエンジントラブルでリタイアだったので、私は赤ランプをつけないようにそ〜っと走り、いよいよ順々決勝。
相手は、今ノリに乗ってる69ロードランナー。よ〜〜〜〜し。トランスブレーキはもうバッチリだし〜〜〜。
なんて余裕で構えてスイッチ入れてアクセル全開にしなきゃ、、、なんてもたついていたら、あれ〜〜〜〜。
グリーンランプが付いちゃった。しかも、ロードランナー先に行っちゃったよ〜〜〜〜〜。
と、いうことで、やっぱり私らしさを炸裂してしまいました。。。トホホ。。
しかし、少しづついろいろなことに慣れてきて、いよいよ次回9月28日に仙台で行われる「SUPER SHOT SPEED TRIAL」では、NOSを噴いてみようかと目論んでいます。
さて、ウイリーするかどうか。乞うご期待!!
posted by hiroko at 22:39| '67 CAMARO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。