2008年12月30日

Arizonaの旅 〜その2〜

ワタシは基本的に呑んべぇなので、アメリカの食事はかなり苦手。中でも、ハンバーガーはあまり好きでないので、食べ物にはかなり苦労します。なので、たいがいの夕飯は、Motelに戻って日本から持ち込んだ蒲焼きの缶詰とか、柿の種なんかで済ませてしまうのです。しかし、メキシコ料理だけは特別。タコスが大好きで、10年ほど前には「HOT WIRE CAFE」というメキシコ料理のお店もやっていた程。しかし、3年で撃沈しました。だって〜。カウンターの足かけが70ロードランナーのバンパーだったり、ランプシェイドはラリーホイルだったり、看板はディッシュのホイルだったり、手すりはレークパイプだったり、ビールサーバーのハンドルはシフターだったり。。。もうやりたい放題。しかも、クルマ仲間が集まっては、ワイワイガヤガヤ。ま、当然の結果と言えばそうなんですが。
22.JPG
あ。メキシコ料理の話でした。必ずと言っていいほど、3〜4回はメキ料理をアメリカで食べるのですが、「デルタコ」や「タコベル」といったFASTFOODのお店ではなく、なるべく怪しいところに行きます。メキシコ人がやっているような。そんなお店は絶対といっていほど外しません。
26.JPG
そして、今回IGNITEで毎号掲載のパッケージコーナーの撮影もしてきました。LUNCHBOXとYOGURT。ほとんど拷問に近かったのですが、知り合いの子どもが協力(ってか、ほぼ虐待??)してくれたのでラッキー♪
24.JPG
さすがに、LUNCHBOX試食11パックはこたえたようで、即死しちゃいました〜
posted by hiroko at 12:59| USA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。