2010年12月13日

モテギSTREET SHOOT OUT モゲヘダ

先週の土曜日はSHOOT OUTの最終戦でした。前回は雨天中止だったので、とにかく走りたくてウズウズしてた方も多かったのではないでしょうか?
朝から鼻息荒く、マシンのセッティングに余念がないチーばかりな中、
私はと言えば・・・約2時間近い大遅刻。
朝から、ローダーを取りに埼玉の新座まで石橋フランシス号でかっ飛んでいったものの、
あっ!! 通行許可書からドライバーパスから全部忘れた!! と言うことで、
再び高円寺まで戻ったりで・・・
で、ようやくバリアントを積み込み、首都高に乗ったとたん、まさかの大渋滞。
と言うことで、ホントにモテギの方々にはご迷惑をおかけしました。

そして、バリアントの調子はどうだったのかと言えば!!!!!

先ず、第1走行。
この12月のモテギと言えば、記憶に残っていらっしゃる方も多いかとおもいますが、
2年前の同じ月。 最終戦と言うこともあって、かなりの参加車と大観衆に恵まれ、
ここはいっちょウイリーをバッチリ決めて〜なんてことが頭によぎり、
朝っぱらのバーンナウトでは、完全にオーバーレブしているにも関わらず、踏むは踏むはで、ミッションを粉々にして、
大惨事を引き起こした時と同じシチュエーション。
これがトラウマにならないはずはなく、
ここでまた壊したら・・・などなどいらんことをいっぱい考えちゃいます。

しか〜し。ひとたびブリーチボックス(バーンナウトエリア)に入ると、
やっぱり馬鹿なんですね〜 踏んでました・・・
でも、1000ft 10.600sec リアクションタイム0.256ってまぁまぁなんじゃないでしょうか?
そして、2走行目も10.275とそつないタイムで終わり、
後はクイック8を待つだけ。

と言っても、私のバリアントはフレーム変更しているため、何故か一番上の「コンペティション外国車」このクラスには、
あの、ROD MOTORSのC2コルベットなんかもいるあのクラスですよ〜
でも、この日9台しかエントリーしていなかった上、
予選で走ったのは4台だけ。なので、自ずと私は残ってしまうわけで、
これまた、幼稚園児対大学生くらいのレベルの差があるわけです。
しかし、同じエントリーフィーで1回多く走れるだけラッキ〜てなもんで、うきうき。

私は、スーパーショットの黄色のC2コルベットと対戦でした。
まぁ、結果は言うほどでもないですけど、
ちなみにこのC2は優勝していましたからね。

話は戻りますが、
このC2との対戦で、せめてリアクションくらいなんとか勝ちたいとおもってロケットダッシュ!
その時は勝った〜なんて思っていましたが、
戻ってから画像を見るとほぼ同時。
しかも、ゴール過ぎてから異音に気付き、
リターンロードに入ってから、直ぐにクルマを駐めました。
これは、柏のスーパーショットの師匠からの教えで、
異変に気づいたらとにかく停めろ! を忠実に守りました。
とにかく、カラカラともの凄い音がエンジンから聞こえ、
直ぐにエンジンを切って、ローダーで迎えに来てもらうことに。
直ぐにケニーズに電話して音を聞いてもらうと、
メカニックの佐藤君曰く「あ〜〜〜排気漏れなんて音じゃないっすね〜お待ちしてます〜」なんて暢気な回答。
あ〜終わった・・・

その後、ローダーに積み込みピットに戻ってから、
フードを恐る恐るDNA軍団が見守る中開けてみると、
「あ〜〜エンジンは大丈夫!! っていうか、へダースもげてる〜〜〜」とのことで、
先ずは一安心。

年内は、へダース探しに走りたいと思います。
ということで、無事?に今年のレースは終わりました。

もう、トラブルなっれっこな私にしてみれば、
へダースのひとつやふたつ。
トラブルの内には入らないのでした。


だれか、340のヘダース下さい。
IMG_8661.jpg
IMG_8738.jpg

頼むよ〜今日は壊れないでね〜
IMG_8830.jpg

モゲヘダ
IMG_8910.jpg

オレンジと赤
IMG_8795.jpg
posted by hiroko at 14:12| ’64 Valiant | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。