2011年04月21日

カスタムも料理も一緒

大量のゴボウと人参をお爺ちゃんの田舎からもらったので、一気に使わないと! と言うことで、人参とゴボウの肉巻きを作る事にしました。

しかし、この作業地道に時間が掛かります。
そこに、ウチのチャッキーと石橋君も応援に駆けつけてくれたまではいいですが・・・
20110421210030.jpg


何やら怪しい・・・手先は器用なハズですが、、、それにしてもキタナイ!!!!なんか、変なシーラーみたいなのがくっついて、本人曰く10回以上は洗った!と申しております。
本日より2〜3日は「牛蒡と人参の肉巻き煮」が我が家で登場いたしますので、お近くに興しの際は是非!!!
20110421210106.jpg
posted by hiroko at 21:37| FOOD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月14日

世界の龍ちゃんよしき坊 〜JAKE稲垣〜

今日はなんと3本目のブログ。仕事しないで書きまくっています〜
だって、書きたいことがてんこ盛りで・・・

実は私、杉並区の教育機関にも協力してたりするのですが、杉並区在住か在学の青少年たちを集め、「Cedre」という雑誌を年に1回発行しています。この雑誌は、青少年が企画から編集まで全てをこなし、私は雑誌作りのサポートをしてます。かれこれ、この事業に携わってから10年になり、当時高校生だった子も、既に社会人になっていたりして。
前置きはさておき、今回ある女子高生から「世界の龍ちゃんよしき坊」を取材したい! との企画が上がり、今朝その取材に同行してきたのですが、このオーナーがとにかくぶっ飛んでいてかなり面白い!!
以下、今日の収穫〜

杉並区泉(環7と20号の交差のあたり)にある「沖縄タウン」  ん? 怪しい・・・
th_10.jpg

ようやく、「世界の・・・」に到着。すいぞくかん?? 怪しすぎる!!
th_9.jpg

そして、10時待ち合わせだったのに、まさかのオーナーさん遅刻。
で、やっと店内に。ラーメン屋です。
8.jpg


そしてこの方こそが「世界の龍ちゃんよしき坊」オーナーのJAKE稲垣さん!
th_7.jpg

餃子は死んでも作らないそうです。「餃子ある?」って聞くと怒られます。きっと。
th_6.jpg

で、ここからです〜なにが変って〜〜〜カウンターの中にぴ、ピアノが!!!!


まな板兼用のふたを開けると!!!
4.jpg
コレです!!!!
そうなんです。JAKEさん、実はプロのJAZZピアニスト。ジョニー大倉さんのバックバンドとして今でも月に数回のライブをこなしているとのことで、腕前は超一流〜〜
th_5.jpg

しかも、根っからのDRAG RACE好き、アメ車好きで、思わず大盛り上がり。なんでも、数年前までビックエンドにC3コルベットで参加していたとのこと。また、木曜日にお邪魔するのでその辺は詳しく聞いてきます〜

で、肝心のラーメン。「もぐらつけ麺」辛み大根がはいったさっぱりしたつけ麺。これは女子高生が食べましたが、激ウマだそうです。
th_3.jpg
私は「担々麺」そういえば、何故かこのお店レギュラーメニューは3品程度なのに、裏メニューが12〜3品あります。これも裏メニュー。何故?って訊ねると、「作るのめんどくさいんだよね〜〜〜」だって。
でも、この担々麺。ハンパじゃないです。ゴマの香りが濃厚な担々スープと絡んで即死しそうなくらい美味しかった〜〜
チェックですよ〜
th_2.jpg
posted by hiroko at 19:13| FOOD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月13日

激ウマハンバーグソース

IGNITEのブログ読者には、あまり興味ないかも知れませんが、やはり、このカルチャーは,家族の理解なくして成り立ちません。彼氏やお父さん一人で楽しんでいて、子どもや奥さんや彼女から冷ややかな眼差しで見られていたら、楽しさも半減しちゃいますよね〜
と言うことで、私はこのブログで料理ネタとかやっちゃおうかなと。えっ? それじゃ解決策になってない??
いやいや、料理ネタから会話を膨らませちゃって下さい〜そして、是非女性達にもIGNITEブログに興味を持ってもらって下さい〜
私は、実は野蛮にレースなんかしちゃってますけど、意外や料理好き。まぁ、趣味でしかやりませんけど。
今回ご紹介するのは、ハンバーグ。ではなく、そのソースです。ホントに激うまです。是非試して観てください。フルーティーでちょっと酸味のあるこのソースは、どんなお肉料理にも合います!!

材料:
ポン酢  20cc
醤油 30cc
ネクター 20cc
みりん 30cc
白ワイン 50cc
玉葱 1/2個

1)バターをテフロン加工のフライパンで温めます。
1.jpg

2)みじん切りの玉葱をゆっくり色づくまで炒めます。この作業、結構面倒くさいので、私はフライパン玉葱をのっけて放って置きます。たまにかき混ぜたりして。
2.jpg
4.jpg

3)このソースの特徴はなんといってもネクターに秘訣がありますよ。
3.jpg

4)玉葱以外の材料を全て入れて若干適当に煮詰めます。
5.jpg

5)いったんフライパンからソースを取りだして、ハンバーグを焼きます。ハッキリ言って我が家のハンバーグは世界一美味しいです。その秘訣も教えちゃいます。タネにイチゴジャムとローストオニオン(市販品)を隠し味で入れています。あ〜〜教えちゃった・・・
で、ハンバーグが焼き上がったら取り出し残った肉汁に先程のソースを入れて、またちょっと煮詰めて味見して味を調えて下さい。こくがもっと欲しい人はここでもバターを入れてください。
はい。できあがり〜
6.jpg

このハンバーグを作った日は、翌日が「モテギSTREET SHOOT OUT」だったので、早めにご飯食べて寝ました〜
posted by hiroko at 12:02| FOOD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月29日

奄美大島の郷土料理

0
昔、奄美大島(鹿児島県)に行った時に食べた郷土料理があまりに美味しくて忘れられず、
帰ってきた後も、なんとか見よう見まねでトライして出来上がった料理が「ワタシ風鶏飯」(ケイハンと読みます)。
具がたくさんのったご飯に、鶏のガラで煮込んだスープをかけて食べる至ってシンプルな料理なんですが、ガラスープもポイントですが、何と言っても上にのっける具がミソなんです。
とにかく、腰を抜かすほど美味しいので、皆さんもスパナもつ手を包丁に変えて、たまには料理でも楽しんでみて下さい。
あ〜。自分で作れない方は誰かに作ってもらって下さい。
自分でも作れなくて、作ってくれる人もいない人は、奄美大島に一人旅なんてどうでしょう〜。(謝)
でも、ワタシのいい加減なレシピでは、責任持てませんが。。。

材料:
鶏ガラ
鶏ささみ
乾燥しいたけ
奈良漬け
紅ショウガ
薄焼き卵
わけぎ
海苔
白ごま

※量は適当な感じで。。。ワタシはいつもバランス悪く、具が余ってしまいます。。。

1_2
鶏ガラはゆでこぼして、臭みと血を抜きます。

2_2
鶏ガラのスープはだいたい3〜4時間くらい煮込むので、ワタシの場合はその間具を作って後は放っておきます。(火事になっても責任持てません)まず、乾燥しいたけを戻します。こんな風にビニールに入れると無駄がないです。

3
鶏のささみを、ガラスープでゆでて細かく割きます。(コレが一番根気がいるかも。ゆですぎに注意)

4
薄焼き卵を作ります。こんな風に重ねてから切って下さい。

5
もどしたしいたけを、醤油・みりん・酒・砂糖で煮ます。

6
これが絶対外せない具なんです。奈良漬け!!本当は、パパイヤの漬け物を使うのですが、東京では入手しにくいので、ワタシは甘みのある奈良漬けを代用します。

7
わけぎ(細ネギ)・紅ショウガ・奈良漬け・しいたけ、全て細かく切ります。

8
鶏ガラからダシが出たら、醤油、みりん、塩、酒でお好みの味に味付けして下さい。(アバウトですみません)

20080524201321熱いご飯にたくさん具を入れて、スープをかけて海苔と白ごまをかけて出来上がりです!!
あ〜〜ウマウマ〜
posted by hiroko at 12:04| FOOD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。